読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年前半でよく聴いた曲TOP10

アイドル ジャニーズ スキマジ 雑記

こんばんは、よみです。

2016年もあと2ヶ月きっているというのにこんなネタですみません。

なんか更新しよう…と思って夏くらいに書きかけていたものを今頃になって更新してみました。

 

タイトルの通り、2016年前半に、個人的によく聴いたな〜(=個人的に流行った)という曲をTOP10方式で紹介しているだけの記事です。

2016年にリリースしたものもありますが、何年も前にリリースしているものも含みます。 

私が記録として書いておきたいな〜ってだけなので、ジャンル色々混ざってて、特に面白い所もないと思いますので、暇で暇で仕方ないんすよ!って方がいましたらどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10.「闇喰いWind」/ENDLICHERI☆ENDLICHERI

作詩・作曲:ENDLICHERI☆ENDLICHERI /編曲:上田ケンジENDLICHERI☆ENDLICHERI

いきなり2006年リリースの曲ですみません(笑)

2月に久々に堂本剛さんのライブ*1に参加できまして、そこで大好きなこの曲をやってくれたので、その後思い出を振り返るようにめちゃくちゃ聴いた〜!!! ということでランクインです。

 

このライブが本当に楽しくて、やっぱり堂本剛さんはシンプルに「超かっこいい〜!かっこよすぎてしぬ…!」っていうレベルの存在なんだなと思いました。

というか心情的には今までの人生ですでに何度も死因・堂本剛で死んでるんですけどね。本望です。

 

Coward (通常盤)

Coward (通常盤)

 

 

 

 

 

 

09.「イジワルしないで抱きしめてよ」/Juice=Juice

作詞・作曲:つんく/編曲:大久保薫

イジワルしないで 抱きしめてよ

イジワルしないで 抱きしめてよ

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250

こちらは2013年リリースの曲で元々大好きな曲です。

「ひなフェス2016」でモーニング娘。'16ちゃんがカバーしていたのを見て改めて好きな曲だなーと思っているうちに、だいぶヘビロテしていました。

 

とても可愛くて甘くて小悪魔っぽさもあって切なさもあるようなつんく♂さんならではのTHE女の子アイドルソングなんですよ~!

かといってこの曲の振りは結構踊っているので、可愛いだけじゃない感じもあってぐっときます。

 

実はこの曲は個人的にですが、いつかスローバージョンにしてKinKi Kidsに歌ってほしいってずっと思ってる曲でもあります。超合うと思う。

というか、いつか機会があれば、つんく♂さんにKinKi Kidsに曲を書いてほしいですと兼オタとしては願っています。

 

もちろん原曲の良さがあるからこそよりハマった曲なので、是非ご存知ない方は原曲を聴いてみてほしいです!

 

 

 

 

08.「ELEVATION」/浪川大輔

作詞:喜介/作曲・編曲:R・O・N

ELEVATION

ELEVATION

こちらは今年リリースの曲です。

大好きな浪川大輔さんの曲かつ、作詞は大好きな喜介さん、作曲・編曲は大好きなR・O・Nくんの曲という大好きづくしの組み合わせで、だいぶ聴き込みました!

 

この曲は直球でかっこよくて、タイトル通りアガる曲なので、ライブで聴くとさらにテンションが上がりすぎて若干の身の危険を感じました。

 

とくにR・O・Nくんの曲は好きな曲が多くて、例えばこれからリリースされる楽曲のラインナップなどでお名前を見かけると無条件で「勝った…」みたいな気持ちになります。

そのくらい好きな方なので、今度いつかの記事のように、好きな曲まとめをしたいなぁと思う方でもあります。

 

 

 

 

07.「無邪気な時間は過ぎやすく」/佐藤勝利,中島健人,菊池風磨

作詞:久保田洋司/作曲:萩原和樹/編曲:松本良喜

今年リリースされた「Welcome to Sexy Zone」から。

(ウェルセクについての記事はこちらからどうぞ)

 

ymt5.hatenablog.com

 

3人曲ではあるのですが、とてもツボにハマってたくさん聴きました。

全体的には大人っぽく、しっとりめの曲なのですが、せつなくて甘くどこか懐かしい曲調がクセになります。是非5人でも歌ってみてほしいです。

 

そして何より、歌詞がとってもいいんですよ~!

私はメロディーから曲にハマることが多いのですが、この曲は同時に詞もすごく好きで、詞の良さもとても推したい。久保田洋司さん、甘酸っぱいせつな系青春ソングの天才ですね…!

 

 

Sexy Zone 5th Anniversary Best (初回限定盤B)(DVD付)

Sexy Zone 5th Anniversary Best (初回限定盤B)(DVD付)

 

 

 

 

 

 

06.「∞ Possibilities」/S.E.M(伊東健人,榎木淳弥,中島ヨシキ)

作詞:松井洋平/作曲:オオヤギヒロオ・南田健吾/編曲:南田健吾 

∞ Possibilities

∞ Possibilities

  • S.E.M
  • アニメ
  • ¥250

こちらは2015年の曲ですが、今年の2月頃に突然ハマった「アイドルマスター SideM」から。

 

こんなに3次元アイドル生活漬けになっているので、自分でも「もうさすがに2次元アイドルにはハマらないだろう」と思っていたのですが、容赦なくハマってしまったのこの曲とこの曲を歌っているS.E.Mというユニットです。

特に私はS.E.Mの舞田類さん(榎木淳弥さんが演じているキャラクター)が好きなのですが、彼はS.E.M という宇宙の太陽なんですよ…!!!!!!!

…………この話は長くなるのでここでやめておきます(笑)

 

楽曲としては、とても耳馴染みのいい軽快でかっこいいアニソン系アイドルソングで第一印象から心を持ってかれる系です。

単純に第一印象から「アッ!好き!」みたいな気持ちにさせてくれました。本当にありがたい。

 

この曲以外にも「アイドルマスター SideM」の曲はどれも「2次元アイドルの曲」として放っておくには勿体無いものばかりで、引き込まれます。

興味のある方は是非チェックしてみてほしいです。

 

 

 

 

05.「I am I」/入野自由

作詞・作曲・編曲:佐伯youthK

I am I

I am I

こちらは今年リリース曲で、リリースと共にもかなり聴きました〜!

入野自由さんの曲もどれも大好きになってしまって甲乙つけがたいのですが、この曲のどんどんクセになるメロディ、歌詞がたまらなく好きです。

 

入野さんは歌唱力に定評のある方なので、聴かせるようなバラード曲ももちろん素敵なのですが、こういう曲調もサラリと歌いこなしてくれるところに好きが止まりません。

 

歌詞はとてもざっくり言うと「なるようになるっしょ~!自分は自分だし!」みたいな感じなのですが、サビ終わりの「この道を愛してるというフレーズがとても真っ直ぐ心にストンと落ちてくるんですよ。

何気ない歌詞への説得力って入野さんの表現力と表現者としての生き方、みたいなものがちゃんとしっかりと存在しているから出てくると思うんです。

こうやって入野自由ワールドにハマっていくんだなーと思いながら、日々、入野さんが音楽活動してくださることへの喜びを噛みしめています。

 

 

 

 

04.「Want you」/岡本信彦

作詞:zopp/作曲:大橋莉子/編曲:大久保薫

Want you

Want you

リリース自体は昨年なのですが、1月のライブで聴いたら「最高では?!」と震えた1曲で、だいぶヘビロテしました。

もちろん楽曲自体とても楽しいのですが、振り付け込みで更に大好きになるパターンのパーティーチューンです。

 

岡本信彦さんの曲としては新たな武器が増えたな、という印象で、ファンとしては今後も楽しみになるような一曲でもありました。

作詞がジャニオタにはお馴染みのzoppさんであることもなかなか注目したい部分です。

 

この曲はわりと「考えるな、感じろ」みたいなところがあるので、とりあえず興味がありましたら、聴いてください!そんな感じです。

 

 

 

 

 

03.「Make My Day」/Sexy Zone

作詞:三浦徳子/作曲:川口進・Joakim Bjornberg・Christofer Erixon/編曲:生田真心

リリースとしては昨年リリースのシングルに収録されている、中島健人さん主演の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」主題歌。

映画も何度も観に行きましたが、映画と主題歌の相性が本当に良くて!楽曲にもまんまとハマりました。

 

歌詞は作品にも寄っていますが、Sexy Zoneらしいトンチキ感もあるのでとても楽しいです。曲については上にも貼っていますが、ウェルセク紹介記事でも振れていますのでご確認いただければ、と思います。

 

セクゾらしさはもちろんあるのですが、この曲を聴くとSexy Zoneや健人くんというより、今となっては黒崎くんを思い出すので、そこが主題歌としてとても機能しているし、素敵な所だと思います。

メインボーカルが健人くん・風磨くんな所も作品のテーマに合っていたのかもしれません。

 

この曲は今週リリースされたSexy Zoneのベストアルバムにも収録されているので、ぜひチェックしてほしい一曲です。

 

Sexy Zone 5th Anniversary Best (初回限定盤A)(DVD付)

Sexy Zone 5th Anniversary Best (初回限定盤A)(DVD付)

 

 

 

 

 

 

 

02.「THE D-MOTION」/KAT-TUN

作詞:ECO/作曲:Oscar Holter・Jakke Erixson・Thomas Haraldsson・Junior H Johansson/編曲:Oscar Holter・Jakke Erixson/English Lyrics Coordinated by Jin Akanishi 

2010年リリース曲の「Love yourself 〜君の嫌いな君が好き〜」に収録されている曲ですが、今年は本当に聴く機会が多かったので必然とDモ*2熱が復活してたくさん聴きました。

 

今年はまず3月にリリースされた「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST "10Ks!"」に収録されたので久々にヘビロテした所から始まり、さらに「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"」にて今のKAT-TUNver.を聴いたこと、SixTONESが「ジャニーズ銀座2016」及び「ザ少年倶楽部」で披露したことなど様々な角度から個人的にずっと聴いていました。

 

Dモはいつ聴いてもわかりやすくアガるので、つい楽しくなってヘビロテしてしまうんですよね…!

 

ところで、オリジナルとは異なるのですが、今回のライブで聴いたver.でのDモの中丸雄一さんがめちゃくちゃかっこよくて!(笑)

必然的にオリジナル以上にパートが増えたせいもあるんですけど、曲中ずっとスーパークールで震えた…!!!かっこいい!さすが帝王!!!!!*3

   

 

 

 

 

 

01.「泡沫サタデーナイト!」/モーニング娘。'16 

作詞・作曲:津野米咲/編曲:鈴木俊介

 

文句なくコレが一番聴きました!!!

近年、本格的にハロー!プロジェクトというか特にモーニング娘。'16にハマっているのですが、ここにきて最強の曲がきたな、という素晴らしい一曲。

ジャニーズソングに例えるとHey!Say!JUMPさんの「ウィークエンダー」のシンメ曲って感じです。伝われ。

 

つんく♂さん曲ではないので、純粋な娘。サウンドとは少し違うのかな、とも思うのですがわかりやすく楽しくて可愛くてアガる、そんな単純かつウルトラハッピーな曲です。こちらの曲も本当にとりあえず聴いてください!!!と言いたくなる系なので、とりあえず上の視聴から聴いてください。

 

あと私の推しであるまーちゃんこと佐藤優樹ちゃんがめちゃくちゃ可愛いんですよ〜!

1番サビのラスト「本来の心がうずいてる」の所を歌ってるまーちゃんがめちゃくちゃ可愛いです。最高です。語彙力などない。

是非動画でもチェックしていただきたいので公式動画も貼っておきます。

  


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでざっくりですが、2016年前半の個人的によく聴いた楽曲たちでした。

 

1位の泡沫サタデーナイト!は本当に良く聴きました。

2位のTHE D-MOTIONなどもそうなのですが、私はオタク活動時以外はだいたい元気がないので、こういうテンションのアガる曲を聴くといつも元気がもらえます。

 

また、こうやって振り返ると、楽曲ってやっぱりライブで生で聴くとまた印象が変わったり、より印象深くなるものが多いなあ、と思います。

CDで聴いていてとても好き!って思っていた曲を生で聴いてさらに好きになれることって、単純な流れのように感じますがとても幸せなことだなあと思います。

 

それではまたすぐ後半によく聴いた楽曲の話もすると思いますが…その前に他にも上げたい記事があるので今年中にいくつかなんとかしたいと思います(笑)

 

 

*1:「TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU」

*2:この曲の略称です

*3:中丸雄一さんの愛称の一つ