読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sexy Zoneにぶつかっちゃうよ!

Sexy Zone ジャニーズ

ぶつかっちゃうよ!というかぶつかったんですけどね。

 

 

 

 

 

というわけで先日5/3に、フォロワーのはるちゃんにお誘いを受けましてついにSexy Zoneコンデビューをしました。

 

久々のブログでセクゾン?お前他にもっと書くことあるだろ?って感じなんですけど、今セクゾンを書きたい。J u s t  い ま し か な い ! ! !

 

というわけでBBAなりに色々と考えたセクゾンの魅力5つについてぐだぐだと綴って行きたいと思います。

 

 

まずSexy Zoneといえば

 

中島健人(20)

菊池風磨(19)

佐藤勝利(17)

松島聡(16)

マリウス葉(14)

 

の5人からなる2011年に所謂ジャニーズのW杯バレー枠でデビューした平均年齢17.2歳のアイドルグループです。

一人ひとりは気になるなぁとは思ってたのですが今まではどうしても格差が顕著にあることが気になってイマイチ踏み出せず。

でも最近色々と見ているうちに興味も徐々に湧き、あらあらみんなかわいいじゃない、アルバムもいいじゃない、と思いつつコンサート行ったら 本当に楽しかったー!!!

これって単純なことに思えて実はとても大事なことだよね。

というわけで色々書き殴ります。

 

 

①セクゾンは攻略対象

コンサートに参加して一番思ったのがそれぞれのキャラがよく立ってるなあってこと。まあこれもデビュー3年目も半ば故の彼ら努力と成長の賜物だと思うのですが。

テレビとかだとやはりお兄ちゃんたちが目立ってしまって中々認識できないそれぞれのキャラクター。しかしパフォーマンスはもちろんプロのアイドルな彼らがMCなどで見せる等身大の姿できゃっきゃしてるのだけでおばさん大興奮。

それぞれに魅力を語るとするなら今までのわたしの彼らのそれぞれのイメージって

 

健人くん→ラブホリ先輩、プロのアイドル、ゲイくさい

風磨くん→慶応ボーイ、赤西の何かを感じる、かわいい顔をしている

勝利くん→Mr.センター、クールビューティー、フレッシュ感がいつも溢れる

聡くん→かわいい、小動物、イケ化が著しい

マリウスくん→美しい、ふわふわ、成長期

 

って感じだったんです。(酷い)

 

でも今回だいぶ印象が変わりまして。

 

健人くん→意外と話が長くてめんどくさい系長男な一面もある。(木村兄さんを思い出した)しかしパフォーマンス力は圧倒的でメンバーやファンへのフォローも上手い。誰もへこませないよだって俺たちセクシーファミリー!みんなで楽しくなろう!って感じがよく伝わりました。

風磨くん→ヤンチャ系の見た目だけど意外にもお喋り好きでずっと喋ってた(笑)イタズラ好きでなおかつ自分もボケたい構ってちゃん(笑)でもそれの一つ一つにメンバーみんなのこと大好きで仕方ないって感じがすごい出てた。そして歌や色気でみんなをひっぱる次男。

勝利くん→クールに真面目にみんなをつっこむ大事な役でもありながら、ちょいちょい本人の天然部分がでちゃうこともあって意外とおちゃめ。Mr.センターでありながら中間管理職としての仕事もしっかりこなす三男。箱入りに見えて結構苦労人な印象も受けた。

聡くん→弟系ポジは崩さないままにイケ化が相変わらず現在進行形で止まらない光り輝く原石。それでいて損なわれないキャラクターの愛らしさがとにかく素晴らしい。誰よりも笑顔、誰よりもシャカリキ、そして誰よりもいじられ上手な愛され四男。今後にもっと期待したくなる系。

マリウスくん→見た目が大人びてきたけどやはり末っ子らしい可愛さとゆるふわと愛らしさは誰にも負けない。お兄ちゃんたちに話を聞いて欲しくてたまらないでもお兄ちゃんたちがふざけるから聞いてくれない!ねえ僕の話きいてよぉ!もうお兄ちゃんたちのばか!でもすき!みたいな感じがヤバイ。ヤバイ。YABAI。

 

なんていうかまとめると、この5人ってすごすくいいバランスで。例えるなら乙女ゲームの攻略対象かってくらいバランスがいいと思うんです。

 

攻略対象っぽくすると、

 

健人くん→優しくてイケメンで人気者、でもちょっと過保護な所があるお兄さんタイプ(CV櫻井孝宏

風磨くん→見た目も行動もヤンチャだけど実は小動物好きな根は優しい不良タイプ(CV森久保祥太郎

勝利くん→同い年でクールな所もあるけどたまに天然なメインヒーロータイプ(CVKENN)

聡くん→年下のかわいい後輩だけどたまに見せる男の子の顔にキュンみたいな弟タイプ(CV岡本信彦

マリウスくん→体は大きいけど心はまだまだ子供なおねーちゃん大好き!なスキンシップ過多系ハーフイケメンタイプ(CV柿原徹也

 

と王道的な女の子の好みが全て詰まってるんです。これは攻略したい。CVは独断と偏見です。わかる人はわかってね。全員設定は王子様ね。

「君は誰の姫になる?王子のKISSで姫が目覚めるADV」みたいなので頼む。

 

で、

 

このゲーム、いつ出ますか?

 

 

 

②正統派王子様系アイドル

ジャニーズといえば男性アイドルのパイオニア。でも昨今、正統派なアイドルって真新しくないせいかあまりいない。と思ってたでしょ?いるぞ!!!ここに!!!そう、セクゾン!!!!!
 
個人的になのですが、わたしアイドルっていうものは正統派であるべきだと思っているのです。面白い、ヤンチャ、マルチ、親しみやすい……今はいろんなアイドルがいますよね。でもアイドルって本来近くて遠い、手が届かない、コンサートで少しの間だけ夢と希望をくれるキラキラしたかっこよくてかわいくて素敵な存在…それこそがアイドルだと思っていて。
 
存在が近くなることやアイドルらしからぬ…っていうのは意外性があってとても魅力的だし大好きなのですがそれは自分の中のアイドルの枠から気づいたら外れてしまっているんですよね…(個人的にですが)
 
でもセクゾンはそんな御時世、正統派アイドル!キラキラ!フレッシュ!スマイル!ハワイ!って感じなんですよ。
ジャニオタには伝わると信じたいハワイ感。すごい。むしろドゥバイだからね。バブル。すごい。
 
とくにコンサートにいったことでわたしは久々にアイドル見た!って感じました。
まさに歌って踊る王子様。もう何度も言ってる気がするけど。そうそうこれこれ、これだよアイドルって!!!セクゾンは王子様。
 
 
 

③楽曲の質の良さ

続いて楽曲について。これは個人的に一番声を大にして言いたい。断言したい。
セクゾンは良曲が多い!!!

……あ、今いやいや良曲ってセクシーとかドゥバイとかでしょ…?(笑)って思ったでしょ?思ったよね?怒らないから言って!!!(笑)

いやわかりますよ、その気持ち。わたしもそう思ってました。いやいやセクシーて。YOUたちまだセクシーを語るにはまだ早いんじゃない?って。ドゥバイってジャニーズは本当に国名入れた歌を歌わせたがるな!!!って。よりによってドゥバイって!!!って。
 
わたしも少し前まで知ってる曲はザ少年倶楽部で主に聴いてた範囲のシングルとプラスαのみ。でもコンサートに行くしな〜と思ってとりあえず今回のコンサートのメインでである「Sexy Second」をレンタル。
 
まあとりあえず頭から聴いてみよう。
するとこれがなんと神盤でして。断言できます、神盤だと。
セクセカについては別記事にじっくりと書きたいくらいにお気に入りの1枚です。後で記事書きます。絶対にだ。
 
②で触れた通りの正統派王子様アイドルでありながら冒険しつつも色々なカラーを出した全く飽きのこないフルアルバム。
普段のシングル曲が王道アイドルSexy Zoneであるなら、その隙間に色んな姿を散りばめて魅せる…王子様ってすごい…あまりに魅力的すぎて目眩。いつもと違う王子様の姿に目が離せない状態。とだんだんわたしの日本語も怪しくなってきました。
 
あまりの出来良さに流れで1stアルバム「One Sexy Zone」も聴くことに。
これまたセクセカには多少劣るものの良盤でして。王道アイドル業の傍ら、様々な楽曲に挑戦している彼らに敬礼。実に素晴らしい。こちらもオススメ!
 
ここで冒頭で触れた歌詞について。
そう、セクゾンと言えばわたしのようなおばさん的にはちょっと恥ずかしい愉快な歌詞(ごめん)
アップテンポなキラキラ曲ほどぶっとんでてなるほどこれがトンチキか。
曲の良さと歌詞のトンチキ感。この二つをうまく融合させて王道アイドルでありながらぶっとんだハイセンスな曲を生み出す。これを体現しているのがSexy Zone。そしてセクセカ収録の「ぶつかっちゃうよ」より他ならない。
ブログのタイトルにするほどですからね(笑)
もうもう言い表せないくらい素晴らしいのでぜひぜひ必聴な一曲です。

 

 

Sexy Second (初回限定盤A)

Sexy Second (初回限定盤A)

 

 

 

 
 

④振りのキャッチーさ

これは曲のキャッチーさがあって成り立つところではあるのですが。セクゾン曲のサビの振りの楽しさ無限大

元々手振り厨のわたしですが、手振りが楽しいといえば我らがNEWSちゃんのオハコかなって思ってまして(異論は認めます)

ジャニーズ広しと言えどわたしの中でなかなかそこを超える手振りアイドルに出会えなかったのですが、ここでセクゾンがそこに食い込むことになります。

 

セクセカコンでは曲は聴き込んで行ったものの、振りまで手が回らず。まあテレビで多少見たことあるしそんなに手振りあるイメージないしまあなんとかなるだろう…そんな考えは甘かった(笑)

 

もうだいたいの曲に手振りがこれでもかと。そして会場みんなできるできる(笑)まわりみんなやってるやってる(笑)そりゃそうだ(笑)

あまりにみんなやってたので気まずくて見よう見まねでやってましたがこれがなかなか楽しい。手振りって結局は楽しいか楽しくないかが重要なので(個人の意見です)こ れ は !と目覚めました。

 

個人的には 「Real Sexy!」Lady ダイヤモンドの振りが好きになりました。

 

リアセクはもう「リアルなSecret Story 探さないか」ってサビからトンチキ感溢れるんですがここがもう!「探さないか」がとくに!!!セクゾンも会場もみ ん な め っ ち ゃ 探 し て る  ! ! ! 

これはマスターしてぜひ一緒にやりたい。やらなくてはならない。課題。

 

レディダイについてはもう「Lady Lady ダイヤモンドのとこがとにかく覚えやすくて楽しすぎる。推せる。

皆さん振りについては円盤とか買って確認していただきたいのですがとにかく楽しくて簡単これにつきる。

 

 

 

 

 

⑤グループ内格差

あえてこれも魅力として書きたい。
書くことで戦略に取り込まれてる気もするけど(笑)
 
これに関しては外野で見ていた頃から思うところではあるのですが。というか世間的にもこれは思うところがあると思うのですが…
確かに今までグループ内格差みたいなのはアイドル界で行われてきた一つの手法ではあるのですが。個人的にですがわたしはなんだか見ていて気分がぶっちゃけ良くないこともたくさんありました。
もちろん先日参加したコンサート中もそう思うことはありました。これでもなくなった方なのだろうと思ったのですが、なんとなく他のグループとは違う雰囲気が拭えなくて、セクゾン初心者のわたしには気になったというか。
 
セクゾン担的には見慣れていて当たり前のことなのかもしれないけど…それでもここまでの格差って必要かなあ?と。
年齢や経験…色々とあるのはわかるけど、たった5人のグループ。もっと平等に経験を積んでもなんの問題もないのではとわたしは思う。
そもそもJr.と一緒にやるユニットとかにも意味を感じなくて。今まで若くても経験なくても圧倒的スター性がなくても推されに推されて人気になって行く先輩たちなんて山ほどいたのになあ。
若い子たちを扱うのが色んな意味で難しいのはわかるんですけどね。でもデビューさせた以上の責任はもってほしいなーみたいな。
 
夏のセクシーファミリー案件は下二人にとっては大事な経験になると思うけど…ほんとはみんなでやれるのがいいよね。ホント普通にメンバーみんなでやれるのがいいよね!?とおばさんは思うのです。
 
でもそれを跳ね返すように頑張ってるマリの今後に期待!ってしっかり思えるセクセカコンでもありました。
 
そして何よりも格差やなんや言われてる5人がとても楽しそうだから。色々な格差も気になるけどそれが気にならないくらい(これはきっと上二人の配慮が大きいかな?とも思いました)
大人の事情に負けずわちゃわちゃキャッキャギューギューしてるSexy Zoneが可愛いから !!!!!!
見守っていきたいと思えるんだと思います!!!!!!
 
 
 
 
 
まあそんな感じで長々と語りましたが…わたしが彼らに心奪われたのは紛れもない事実でありこの情熱を少しでも記録しておきたい、そしてみんなに広めたいそれだけの想いで書きました(笑)完全に個人で思ったこと書いてるだけなので気分を害されたらすみません。
 
でもこれでみんな少しでもSexy Zoneに興味持ってもらえたらおばさんはジャニオタ冥利につきます。
 
わたしもまだ駆け出したばかりですが…俺たちの戦いはこれからだ!!!
 
 
 
セクゾンしか見えないぶつかっちゃうよ!!!!!!!!!!
 
 
…ご静聴ありがとうございました。